ダイエットの失敗は酵素不足が原因かも?

 

ダイエットを行ってスレンダーな体型に変えて、もっと綺麗になりたい・・・と、思う女性は大勢いらっしゃいます。

しかし、思うように痩せられず、なかなかダイエットに成功しないという現実です。

現在は、インターネットなどで、ちょっと調べるだけで実にいろいろな手法のダイエットがヒットするほど、数多くのダイエット法が溢れ返っている状態です。

基本的なダイエット法は、摂取カロリーをコントロールして適度な運動を行うという方法で、最も一般的ですが、安易に食事量を減らして食事制限だけによるダイエットに頼ると、ほとんどが失敗に終わってしまいます。

その原因は、食事制限によるダイエットは基礎代謝量が低下してリバウンドしやすい体になってしまうことですが、その他に、酵素不足という要因も挙げられます。

酵素とは、人が生命を維持して行くうえで絶対不可欠な栄養素で、普段の食事で摂取したものを消化したり、新陳代謝の流れをスムーズにするなどの働きがあります。

ようするに、酵素は普段の食事から摂取したものを消化してエネルギーに変えたり、いらなくなったものを排泄したり、体全体の新陳代謝を活発にして、その結果、1日あたりの総消費量を高め、痩せやすい体になるということです。

もともと酵素は、人の体の中に存在していますが、年齢を重ねるとともに加齢の影響で減少し、さらに、肉料理や油ものばかり食べていたり、夜更かしをを続けて常に睡眠不足だったり、ストレスが溜まっていたりすると、体内の酵素は減少してしまいます。

こうした酵素量の減少は、本来、酵素がたっぷりと含まれた食材を食べていれば、しっかりと補うことができるのですが、無理な食事制限をしていると外部から酵素を取り入れることができずに酵素不足状態に陥ってしまいます。

すると、消化機能や新陳代謝が低下して太りやすい体に変わり、なかなかダイエット効果が現れにくい体質ということになるわけです。

もし、頑張って運動などを行っているのにダイエット効果が現れない・・・と、感じているようであれば、普段の食事で酵素をたっぷりと摂取することを意識してみましょう。

そして、どうしても食事制限が必要な場合は、まずは、栄養バランスをよく考え、大幅に食事量を減らすようなことは絶対に避けて少量の制限に留めて下さい。

ちなみに、果物や生野菜、発酵食品などにたっぷりと酵素が含まれているので、これらの食品を積極的に摂取するように心掛けましょう。

 

 

基礎代謝量を高めて健康的に痩せる!

 

若い頃は、いろんなスポーツにチャレンジして積極的に体を動かしていたけれど、年を重ねるにつれ40歳代に入った頃は、まったく運動する機会がなくなり、それどころか、好きな物を好きなだけ食べて飲んでという食べ過ぎの食生活も合わさって内臓に体脂肪が溜まり、メタボリックシンドロームと呼ばれるほどの肥満体型に陥ってしまう人は少なくありません。

このような肥満体型は、見た目の印象を悪くするだけでなく、非常に危険な健康状態にあります。

そんな人たちは、早急にダイエットを始めなければなりませんが、中には、間違った手法のダイエットを行ってしまい、さらに、健康状態を悪化させてしまう人もいらっしゃいます。

例えば、大幅に食事量を減らす無理な食事制限だけによるダイエット法です。

確かに、食べ過ぎの食生活が続いて肥満体型になってしまった人は、適正量の食事に減らさなければなりません。

しかし、どうしてもダイエットと聞くと、食事制限をしなければならないという思い込みが強いため、ただ単純に食事量を減らせば痩せられると思い込んでしまっています。

実は、健康的に痩せるために重要なことは、基礎代謝量を高めることです。

基礎代謝量とは、呼吸をしたり、内臓や心臓を働かせたり、体温を保ったりと、人が生きていくために最低限必要なエネルギー代謝のことです。

この基礎代謝量は、寝ている時や何もしないでじっとしている時でも、常に消費され、一般的な社会生活をしている人なら1日の総消費カロリーの60~70%を占めています。

ようするに、基礎代謝量を高めることができれば、特に運動などしなくても1日あたりの総消費カロリーが高くなり、食事で摂取したもののほとんどがエネルギーとして消費されるようになり、体脂肪として残りにくいということです。

ですが、食事制限だけによるダイエット法は、大切な基礎代謝量を低下させることになってしまいます。

確かに、大幅に食事量を制限すれば、最初は体重が落ちていきますが、それは一時的なもので、直ぐ停滞期が訪れてしまいます。

そして、この時点で、基礎代謝量も低下しているという大問題が発生しています。

食事制限だけで落ちた体重の中身の半分以上は、筋肉の消費によるものです。

体内で最も多く基礎代謝量として消費される器官は筋肉になりますので、筋肉量の減少は直接、基礎代謝量の低下につながるというわけです。

しかも、このように基礎代謝量が低下した体は、とても太りやすく、リバウンドしやすい状態にあります。

そもそも大幅に食事量を減らした食事は、いつまでも続くものではありません。

止めた途端に、リバウンドが襲ってきて、あっという間に激太りすることになってしまいます。

このようなダイエットの失敗を犯さないように、まずは、ダイエット=食事制限という間違った思い込みを捨てましょう。

現在、健康的に痩せるためには、基礎代謝量を高めることが最も効果的な手法とされています。

そのために大切なことは、筋肉量を増やすこと。

体脂肪を燃焼する効果のある有酸素運動も有効ですが、ますは、筋力トレーニングで筋肉量をアップすることを考えましょう。