無理のない小幅な食事制限で・・・

健康的に痩せるためのダイエット法として最も効果的で一般的なものが、筋力トレーニングで筋肉をアップして基礎代謝量を高め、リバウンドしにくく痩せやすい体を作ること、それに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を同時に行い体脂肪を燃焼するというダイエット法です。

しかし、忙しい方は、なかなかスポーツジムに通えなかったり、太り過ぎで簡単には運動ができない方や汗を流したり、単調な動作の繰り返しの運動が嫌い・・・ などという方には、運動で痩せようとすることは、とても苦痛で、たとえ我慢して始めても、長く続けることはできずに途中で挫折してしまいます。

そのような方は、毎日の食事の摂取カロリーを、しっかりとコントロールして消費カロリーが摂取カロリーを上回るようなカロリー制限したダイエットをしなければなりません。

しかし、1日に1000kcal近くも摂取カロリーを制限するような無理な食事制限は、体に負担をかけ、必ずリバウンドを起こしてしまいますので注意が必要です。

確かに、1日に1000kcal程度を制限した食事を続ければ、短期間で直ぐに体重は落ちていきますが、ある時期から思うように体重が落ちなくなる停滞期に入り、体が少ない摂取カロリーを感じて“省エネモード”になってしまいます。

“省エネモード”になると、体が体脂肪を蓄えるようになり、筋肉をエネルギーとして使い消費するようになります。

この状態は、痩せるためには致命的な大問題で、基礎代謝量が低下してリバウンドしやすく太りやすい体になるということです。 (基礎代謝量は、筋肉量と正比例します)

そもそも、無理な食事制限は、決して続けることができませんので、止めた途端に、太りやすくなっている体は、あっという間に前の体重以上に太り、悲しいリバウンド地獄に陥ってしまいます。

大澤美樹

もし、食事制限して摂取カロリーを減らすなら、無理せずに、1日あたり、200~300kcal減くらいにコントロールするのが体に負担もなく、最も続けやすい量だと思います。

体脂肪1kgは、約7000kcalなので、7000kcal÷300kcal=約23.3日で、体重が1kg減ることになります。

23日かけても、たった1kgと思うかもしれませんが、このくらいのペースが体に負担もなく、無理なく続けられるダイエットになります。