無理のない小幅な食事制限で・・・

健康的に痩せるためのダイエット法として最も効果的で一般的なものが、筋力トレーニングで筋肉をアップして基礎代謝量を高め、リバウンドしにくく痩せやすい体を作ること、それに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を同時に行い体脂肪を燃焼するというダイエット法です。

しかし、忙しい方は、なかなかスポーツジムに通えなかったり、太り過ぎで簡単には運動ができない方や汗を流したり、単調な動作の繰り返しの運動が嫌い・・・ などという方には、運動で痩せようとすることは、とても苦痛で、たとえ我慢して始めても、長く続けることはできずに途中で挫折してしまいます。

そのような方は、毎日の食事の摂取カロリーを、しっかりとコントロールして消費カロリーが摂取カロリーを上回るようなカロリー制限したダイエットをしなければなりません。

しかし、1日に1000kcal近くも摂取カロリーを制限するような無理な食事制限は、体に負担をかけ、必ずリバウンドを起こしてしまいますので注意が必要です。

確かに、1日に1000kcal程度を制限した食事を続ければ、短期間で直ぐに体重は落ちていきますが、ある時期から思うように体重が落ちなくなる停滞期に入り、体が少ない摂取カロリーを感じて“省エネモード”になってしまいます。

“省エネモード”になると、体が体脂肪を蓄えるようになり、筋肉をエネルギーとして使い消費するようになります。

この状態は、痩せるためには致命的な大問題で、基礎代謝量が低下してリバウンドしやすく太りやすい体になるということです。 (基礎代謝量は、筋肉量と正比例します)

そもそも、無理な食事制限は、決して続けることができませんので、止めた途端に、太りやすくなっている体は、あっという間に前の体重以上に太り、悲しいリバウンド地獄に陥ってしまいます。

大澤美樹

もし、食事制限して摂取カロリーを減らすなら、無理せずに、1日あたり、200~300kcal減くらいにコントロールするのが体に負担もなく、最も続けやすい量だと思います。

体脂肪1kgは、約7000kcalなので、7000kcal÷300kcal=約23.3日で、体重が1kg減ることになります。

23日かけても、たった1kgと思うかもしれませんが、このくらいのペースが体に負担もなく、無理なく続けられるダイエットになります。

 

 

素肌を美しく保つ正しい洗顔法

 

正しい洗顔法をマスターすることで、ニキビとも無縁の、健やかで美しい素肌をキープする第一歩となります。

毎日の汚れや皮脂を洗い落とすためには、人間には洗顔は欠かせません。

しかし間違った洗い方をしていたり、過剰な洗顔をしていますと、肌のサイクルが早くなりすぎてしまい、逆に肌はマイナスの状態に陥ることさえあります。

顔を洗うという行為は肌の汚れをやさしく落として、皮膚の代謝を正常にするための方法でもあります。

皮膚の余分なものだけを取り除いて、必要な潤いは残すことこそが、洗顔の秘訣にもなります。

余計な皮膚汚れは洗顔で排除をして、皮膚のターンオーバーというサイクルはを正常化させるのが、大きな洗顔の目的と言えます。

正しい洗顔方法としましては、毛穴を開かせて汚れを浮き上がらせることも、スルーはできません。

バスタイムでバスタブに浸かり、顔には暖かい蒸しタオルを乗せて、毛穴を開かせるとリラックスにもなります。

でももっと簡単なのは、電子レンジでホットタオルを用意して、顔の肌に乗せて毛穴を開かせる方法です。

最初から洗顔料を顔に塗らないようにして、正しい洗顔法では、最初にぬるま湯で汚れを落とします。

軽く汚れを洗い流すこの工程によって、そのあとで使う洗顔料が、肌にもなじみやすくなるので、ぬるま湯での洗い流しは必要です。

この時に温度が熱いお湯ですと、肌の潤いになる皮脂まで落としますので、必ずぬるま湯で落としましょう。

洗顔料は水分を加えて、思い切り泡立たせて使います。

泡立ち語りませんと、肌への刺激になります。

しかしよく泡立たせて利用をする洗顔料でしたら、皮膚への負担は大きく少なくなります。

洗顔料の泡は、皮膚の毛穴汚れまで、しっかりと吸着をすることにもなりますので、泡立ては大事です。

肌に洗顔料の泡を押し付けるようにして、ホイップクリームのような弾力で、優しく顔を洗います。

そして、ぬるま湯ですすぎ洗いをしましょう。

素肌を美しく保つ正しい洗顔法は、このように、とてもシンプルなものです。

この洗顔法をしっかりと身に付け、いつまでも美肌を維持して下さい。